食欲抑制剤のスリーエフはどういう効果があるのか?そのメカニズムを追求する

スリーエフと言うのは舌下スプレーの食欲抑制剤で、イタリアのメデスティ・バイオテック社が製造販売しているものです。

海外製の食欲抑制剤ですので日本人の私たちにも効果があるのかと言うと、効果があるという人も多いです。スリーエフと言うのはどういう効果があるのかと言うメカニズムを解説していきます。

 

セロトニンによる満腹感を得ることが重要

どうしてダイエットをしていると食べたいという食欲に負けてしまうのでしょうか。ダイエットをしていると食べてはいけないという風に思い込んでいるわけですが、思い込みに対して食欲のほうが勝利してしまって、空腹感を我慢することができずについつい食べてしまいます。

空腹時には怒りっぽくなりますし、不安感を感じてしまいます。こういうストレスがかかっていると時と言うのはノルアドレナリンが分泌されていますので、余計に食べてくなってくるわけです。これに対抗するためにはセロトニンが分泌されればいいわけです。セロトニンが分泌されれば満腹感が得られるために、ダイエットがうまく行きやすいです。

スリーエフと言う食欲抑制剤もセロトニンの生成を促すことによって、満腹中枢を刺激して空腹感を抑えて食欲をうまくコントロールしているのです。食欲をうまくコントロールできれば食べすぎるということも無くなるのではないでしょうか。

食べる時の工夫として、食事はゆっくりとよく噛んで食べるように言われることがありますが、それはなぜかというと、よく噛んで食べることによって脳に良い刺激を加えることができるためにセロトニンの分泌が盛んになって満腹感が増すと共に脳が活性化するという効果があるからです。

 

5-ヒドロキシトリプトファンによるセロトニン物質が含まれている

スリーエフが食欲抑制剤として売り出すことができる理由としては天然のセロトニン前駆物質に当たる5-ヒドロキシトリプトファンと呼ばれる物質が含まれているからです。これはガーナやコートジボアールなど西アフリカに自生しているマメ科の植物であるグリフォニアシンプリシオから抽出されている天然の物質です。これは必須アミノ酸の一つで、植物を食べることで取りこむことができる物質に当たります。

この物質によってセロトニンの生成をしてくれますので、スプレーを噴射することで舌の裏側の血管から満腹中枢に向けて働きかけることができるわけです。それによって空腹感を抑えて食欲をコントロールするわけですので、ストレスに耐えきれずにドカ食いをするという可能性は少なくなるでしょう。

 

効果が出る人と出ない人がいる

スリーエフの主成分である5-ヒドロキシトリプトファンと言うのはまだまだ研究段階の成分に過ぎませんので、はっきりとした言及がなされているわけではありません。まだまだ研究の余地がある成分ですので実験例が少なく不透明なことも多いです。そのため、スリーエフで効果が出ている人もいる反面で、全く効かないという人もいます。

天然成分が配合されていますので、研究の余地があるとはいっても副作用が起こるということは少ないのが正直なところです。試して見て効果が出たらラッキーと言うような考え方でもいいのではないでしょうか。

 

セロトニンの分泌を盛んにする成分が含まれている

スリーエフは5-ヒドロキシトリプトファンと呼ばれるセロトニン物質が含まれているために、スプレーを噴射するだけで満腹中枢に刺激を与えることができます。まだまだ研究の余地があるために効果が出る人と出ない人がいるようです。