食欲抑制剤のスリーエフは全ての人に効果があるというわけではない

スリーエフと呼ばれる食欲抑制剤は内服しなくても簡単に使用することができますので、普通に手に入れられさえすれば簡単にダイエットにも効果があるのでしょうか。3食しっかり食べることができればいいですが、間食や夜食を取ってしまいますと摂取カロリーが増えていきますので、これではダイエットにつながりません。実際感触や夜食を抑えるためにスリーエフを使うことは効果が出てくるのでしょうか。

 

食欲が強い人に取っては効果がない可能性が高い

スリーエフはダイエットをしたい人に取って夢のような薬だと思うかもしれませんが、空腹感や満腹感、食欲と言ったものはかなり人によって異なってきますので、使用したすべての人に効果があるのかと言ったらそうでないという人も中には出てきてしまいます。

食欲が強いという人に取っては効果が薄いという風に言ってもいいでしょう。

スリーエフの効果は内服薬のような経口投与ではなく、皮下吸収タイプの外用薬になりますので、たとえ使用したとしても我慢することができずに食べてしまうということもあり得ます。

 

軽めのダイエットで勧められる

スリーエフは食欲を抑えたいとか、間食などを防ぎたい、内服薬では副作用が怖いなど仕事に影響がない環境でダイエットに励みたいという人には勧められる薬です。副作用は少ないでしょうから気軽に続けることができるという意味では軽めのダイエットで十分に役に立つのではないでしょうか。

 

効果がある人に取っては期待できる

スリーエフの効果と言うのは内服薬に比べると薬効が下がりますので、人によっては効果があるという人と効果があまりないという人に分かれる傾向があります。効果があるという人に取ってはダイエットで十分に効果が上がると言えるでしょう。